シルクスクリーンでのオリジナルののぼり旗を作るコスト

オリジナルののぼり旗を手に入れる時には、色々なことを覚えておくと
うまく注文することができるようになって良いものですが、
基本的なこととして覚えておきたいのが、印刷方法に関することです。

オリジナルののぼり旗を手に入れる際には、シルクスクリーン印刷の物を
注文するという方法がありますが、このタイプはコスト面で非常にお得な
場合があるのです。

シルクスクリーン印刷というのは、1色につき1枚の版を作るように
なっていますので、もし4色ののぼり旗を作りたいと思った時には、
4枚の版が必要になり、1色ずつ塗り重ねていくことになります。

このため、美しい表現が可能になるのですが、1版ずつ版代が
かかってしまいますので、少量の枚数を注文すると割高になってしまいます。

しかし、逆に考えれば、大量に注文する場合にはコストが安く、
1枚あたりの金額がかなり安くなりますので、場合によっては
非常に魅力的な印刷方法なのです。

具体的な注文枚数としては、100枚ぐらいのオリジナルのぼり旗が
欲しいという時には、このシルクスクリーン印刷がお得です。

少ない枚数でのぼり旗注文の場合には、1枚あたり1,100円や
1,200円など1,000円以上かかってしまうものですが、1枚あたり400円、
枚数によっては200円台で済むようになるのです。

ただし、オリジナルのデザインでのぼり旗を作る際に、画像データを
取り入れると金額が高くなりますので、注意しておきたいところです。

通販ののぼり旗で集客を図る

集客効果を高めたいと思った時には、色々な方法があるものですが、
なかなか侮れないのが、通販サイトでも入手可能なのぼり旗です。

のぼり旗は、優れた特徴がいくつもあるのが注目ポイントです。
まずは場所をほとんど取らないということです。

ちょっとスペースがあれば設置することができますから、色々な場所で
使うことができます。

また、場所を移動しやすいのも良いところです。
状況に応じて簡単に場所を変えることができるため、
使い勝手が良くて便利なものです。

なお、使い方にもよりますから一概には言えませんが、
のぼり旗というのは長年にわたって使えるというものではありません。

しかし、ダメになってしまった場合の処分が楽なのも良いところです。
集客効果を高めるアイテムに看板がありますが、看板の場合には、
設置する時や撤去する際に気軽な感じがありません。

ちなみに、通販サイトでのぼり旗を購入して集客効果を高めたい場合には、
サイズ選びやデザイン選びもしっかりとしておくと、より効果的と言えます。

のぼり旗印刷なら専門業者がおすすめ

のぼり旗の専門業者に心当たりが無い場合でも、
インターネットを活用すれば、いつでもどこでも
希望するのぼり旗を作成してもらうことが可能です。

人目をパッと惹きつける色鮮やかな発色やデザイン、
文字の種類などは専門業者ならば柔軟に対応してくれるため、
自分が求めるイメージに、極力近づけるものを
手に入れることが出来るでしょう。

オリジナルロゴを入れて欲しいとき、横書き、縦書きなどにも
専門業者ならばいとも簡単に対応してくれます。

のぼり旗は排気ガスや雨などですぐに汚れがちなので、
一度作成したところで再度注文をしなおせば
いつでもキレイな状態でお客様の目に触れさせることが出来るでしょう。

全くの初心者で、どこからデザインを考えてよいのか
分からないという場合でも経験豊富なスタッフが揃っていれば
素晴らしいデザインを提案してくれるため、安心して
お任せすることも出来るのです。

のぼり旗を作成したいと考えた時は、まず信頼できる
業者選びが重要です。

フルカラーののぼり旗の印刷にかかる費用

印刷技術の進化で布素材にも使用に耐えるカラー印刷が
出来るようになりました。

街中では写真やイラスト、グラデーションなど複雑なデザインの
カラフルなのぼり旗を目にします。

キャッチフレーズとリアルな画像を連動させることで、人の視覚に訴え、
想像性を強力に刺激し、効果的に宣伝することができます。

たとえば飲食店メニューのシズル感は、写真ならではの
表現といえるでしょう。

カラー印刷の方法にも様々ありますが、写真を取り入れたのぼり旗なら
フルカラー印刷がおすすめです。

色数に制限がなく、写真も細部に至るまで
鮮やかに表現することができます。

小ロットの発注でもリーズナブルで、メニューの入れ替えを
頻繁に行いたい場合や、季節ごとに変化を持たせたい時などに
適した方法と言えるでしょう。

製版の必要が無いため、急ぎの場合でも比較的対応してもらえるという
メリットもあります。

ただし、大量発注する場合、シルクスクリーンよりも
費用がかさむ傾向にあります。

ショップの価格表でチェックしてみましょう。
使用目的やシーンを想像しながらデザインすることも大切です。

のぼり旗は置き方も工夫すると良い

のぼり旗はお店のいち押しの商品やキャンペーンの告知などを、
歩いている人や車を運転している人から認識してもらう用途があります。

置き方としては大きな通りなどに面した道路へ設置して、
通行の妨げにならないよく目立つ場所へおきます。

のぼり旗は見る人に、お店のイメージを印象づけるので
漫然と並べて置くのではなく、工夫が必要です。

そうすると見た人へ伝わる内容も違ってきます。
短時間で人が認識できる情報には限りがあるので、
伝えたいポイントによって配置や配色を変えることが大切です。

情報を沢山詰め込み過ぎず、伝えたいポイントに絞り込んで
1本だけ違うのぼり旗を置くのも効果があります。

また同系色で違う内容にしたり、同じ内容で色を変えてみるのも
インパクトがあります。

歩いている人やドライバーからのぼり旗の内容を認識し易いのが
一間(1メーター80センチ)間隔といわれます。

大型店ではお客様を迎えるように扇型に配置してみましょう。

目からの情報を強烈にするために、大き目の文字にすることや
フォントの強弱を使ってもよいでしょう。